調査部
TOPICS
 2008年2月 シンポジウム「子育ての今と学校の未来」において、調査結果を発表しました。

〈共同研究者〉藤原文雄(静岡大学) 静江かさね(静岡大学)
〈所員〉12人
出口貴之 小原洋子 薬師神隆 高橋晃 山口智博 稲野智成 西馬場智美 鳥居修
酒井啓二 鈴木千晴 本間敬英 古橋孝久

<研究の方向性>
 保護者と教員の意識調査を精査・検討し、両者の立場や考え方を理解し合い、協働できる学校づくりを研究します。保護者と教員の意識を考察して提言し、冊子・リーフレット・シンポジウム等の形で広め、他の研究委員会への資料として提供することをめざします。
 ・静岡県PTA連絡協議会との連携による、保護者・教員アンケート実施
 ・アンケートの集計・分析
 ・リーフレット等の形でまとめ、保護者や教職員へ配布

<足あと>
5月31日  第1回部会
7月10日  第2回部会
7月27日  第1回小部会
11月14日  第3回部会
12月20日  第4回部会
1月18日  第5回部会
2月5日  第2回小部会
2月16日  シンポジウム

<2007年度の振り返り>
 2006年度より、「お互いに分かり合おう 教師の気持ち保護者の気持ち」をテーマに、保護者がおかれている現状や子育てと学校に対する意識等についての調査準備を継続してきました。8月までに調査項目を検討し、9月には「子育てと学校教育に対する保護者の意識調査」を実施しました。調査に当たっては静岡県PTA連絡協議会の協力を得ながらすすめました。調査結果は、現在の保護者の状況を示すものとなり、教職員にとっても貴重な資料となりました。2月にはこの調査結果をもとに「未来の教育を考える会」と共催でシンポジウムを開催しました。パネルディスカッションや保護者と教職員の意見交換を行い、互いに理解を深めることができました。

| 調査部トップ |