調査部
研究の方向性
 2009年度に行った「子どもたちの人間関係づくりに関する調査」を分析・考察し、子どもたちの内面を探り、実態を浮き彫りにします。そして、教職員や保護者が子ども理解を深め、子どもたちの健やかな成長に寄与するための提言をしていきます。調査の単純集計をもとにした「調査報告速報版」、クロス集計も含めた分析による「調査報告書」の発行に向け作業をすすめます。
 また、2011年度からの調査内容についての検討もすすめていきます。
<足あと>
第1回 5月7日(金) ・ 「子どもの人間関係づくりに関する調査」報告速報版の作成
・ クロス集計表の見方と分析のすすめ方についての学習会
第2回 6月11日(金) ・ 調査報告速報版の最終検討
第3回 7月23日(木) ・ 調査報告速報版の最終検討と分析作業の確認
第4回 8月10日(火)
〜12日(水)
・ クロス集計による分析作業
第5回 9月10日(金) ・ 仮説の確認と報告書の構成についての検討
第6回 10月22日(金) ・ 単純集計部分の原稿を検討
・ クロス集計分析作業
第7回 12月17日(金) ・ クロス集計分析・検討
第8回 2月17日(木) ・ 報告書の最終確認
・ 2010年度の総括
・ 2011年度の方向性について意見交換
<配信・発行物>
9月 「子どもの人間関係づくりに関する調査」速報版(研究所レポートNo42)を発信

〈共同研究者〉
渋江かさね(静岡大学) 林拓也(奈良女子大)
〈所員〉6名
神戸力弥 梶原利彦 小山悟 北島克己 河合勝之 森本伸二



| 調査部トップ |