調査部
研究の方向性
 静岡県PTA連絡協議会にご協力いただいて実施した「保護者(家庭)と教員(学校)のコミュニケーションに関する調査」の調査結果について、分析・考察をすすめます。また、質問紙法による調査ではすくいとることのできない保護者の気持ちや考えを把握するために、県内数か所で保護者に集まっていただき聞き取り調査を行います。2013-2014年度の2年間の研究成果をまとめ、報告書を発行します。
<足あと>
第1回 4月25日(金) ・ 研究の方向性についての意見交換
・ 保護者を交えて調査結果の分析
第2回 5月30日(金) ・ 「学校と家庭の役割」「学校を知る上で参考にすること・重視してほしいこと」についての調査結果の分析
・ 調査結果のまとめ、発信のしかたについての意見交換
第3回 6月20日(金) ・ 「保護者・教員相互の不信・不満や信頼・共感」「学校教育についての考え方」についての調査結果の分析
・ 調査結果のまとめ、発信のしかたについての意見交換
第4回 7月25日(金) ・ 調査項目間のクロス集計結果について保護者を交えての分析
・ 保護者座談会開催に向けて質問項目の検討
第5回 8月28日(木) ・ 保護者座談会の開催に向けての検討
・ 調査結果のまとめ、報告書の構成についての検討
第6回 10月17日(金) ・ 報告書の構成、内容についての検討
・ 教育研究静岡県集会での報告内容についての検討
10月26日(土) ・ 第64次教育研究静岡県集会「民主的学校づくりと教育条件の整備」分科会にて「保護者(家庭)と教員(学校)のコミュニケーション」についての調査結果を発表
第7回 11月21日(金) ・ 報告書の原稿の検討
第8回 3月11日(水) ・ 報告書の原稿の最終検討
・ 調査報告をもとにしたシンポジウムの開催に向けての検討

〈共同研究者〉
荻野達史(静岡大学)
〈所員〉6人
紅林進矢 加藤宗重 山村直弘 小倉圭司 鈴木智博 小山貴広

| 調査部トップ |