課題別研究委員会(国際連帯と平和研究委員会)
研究の方向性
 「いつでもどこでも誰でも学校で実践できる平和教育」をめざし、物事を多面的にみる力や問題を主体的に解決する力を育てていく実践にとりくみます。また、教材研究に役立つ資料の収集・整理をして発信します。


<足あと>
第1回 5月8日(金) ・ 学校現場における平和教育の現状について
・ 外国籍児童生徒の実態と現状について
第2回 6月19日(金) ・ 講話「グローバリゼーションとコスモポリタニズム
 〜平和と国際連帯教育のために〜」
伊藤恭彦名古屋市立大学教授
・ 本年度の研究の方向性について
第3回 9月2日(水) ・ 「グローバルな視点」を子どもたちにもたせる実践や単元構想などを持ち寄っての意見交換
第4回 11月19日(木) ・ 地球的問題群の中から実践できそうなテーマの整理
・ 授業づくりのポイントの確認
2月1日(月) 実践授業視察
第5回 2月4日(木) ・ 「グローバルな視点」を子どもたちにもたせる授業実践の報告
・ 来年度の研究の方向性について

〈共同研究者〉伊藤恭彦(名古屋市立大学)
〈所員〉9人
野口真樹也 稲葉米彦 村田智 久保田勇司 榎本義男 大村正巳 鈴木崇浩 河合信寿 鈴木美紀

| 課題別研究委員会トップ |