課題別研究委員会(国際連帯と平和研究委員会)
研究の方向性
 2009年度に引き続き、地球規模の視点から現実を捉え、地球規模の危機的状況や戦争・紛争を解決する、自ら考え行動する子どもを育てるための授業実践について研究をすすめます。また、第60次教育研究静岡県集会「平和・人権・環境・国際連帯」の分科会に参加し、研究成果を発表すると共に、これまでの研究をまとめ、組合員に向けて提言・発信をします。

<足あと>
第1回 5月13日(木) ・ 今後の研究の方向性について意見交換
・ 研究成果まとめ冊子について意見交換
第2回 7月8日(木) ・ 授業実践の報告
・ 発信の仕方、報告書について意見交換
第3回 9月30日(木) ・ 実践レポートをまとめた所報1次案の検討
第4回 11月18日(木) ・ 報告書最終案の検討
第5回 1月13日(木) ・ 報告書の最終確認
・ 2010年度の総括
・ 2011年度の方向性について意見交換
<配信・発行物>
1月 高校入試研究委員会報告書「子どもたちと『地球的問題群』について考える〜ものごとを多面的にとらえる子どもを育てる授業・実践〜(所報No.142)」を発信。

〈共同研究者〉
伊藤恭彦(名古屋市立大学)
〈所員〉9人
野口真樹也 稲葉米彦 村田智 榎本義男 横井広幸
大村正己 本多哲之 河合信寿 鈴木美紀

| 課題別研究委員会トップ |