子どもの権利条約推進委員会
研究の方向性
 2013年度も、新たな視点で子どもの権利条約が根付いた学校づくりに向けた研究をすすめます。そのために、まずは、学校における子どもたちの現状や課題を出し合い、テーマを絞っていきます。
 また、実践については、第63次教育研究静岡県集会「自治的活動と生活指導」の分科会に参加し、研究経過や成果について発表します。


<足あと>
第1回 5月13日(月) ・ 研究の方向性について
・ 子どもたちの現状・学校の抱える課題についての意見交換
第2回 6月27日(木) ・ 子どもたちの現状・学校の抱える課題についての意見交換
第3回 9月10日(火) ・ 子どもたちの現状・学校の抱える課題について、所員の報告をもとに意見交換
10月27日(日) ・ 第63次教育研究静岡県集会「自治的活動と生活指導(小学校)」分科会にて実践報告
第4回 11月22日(金) ・ 子どもたちの現状・学校が抱える課題について、所員の報告をもとに意見交換
第5回 1月31日(金) ・ 2013年度のまとめと2014年度方向性について意見交換 

〈共同研究者〉
畠垣智恵(静岡大学)
〈所員〉15人
渥美浩康 岩城雄大 上田欣吾 植松龍也 大石英明
大村慎一 勝永昌宏 小池久里子 佐藤大輔 清水亮二
武井正明 舘一徹 堤正人 前橋有 増田剛

| 子どもの権利条約推進委員会トップ |