子どもの権利条約推進委員会
研究の方向性
 子どもたちの現状や学校が抱える課題について所員の教育実践報告をもとに協議し、子どもの権利条約が根付いた学校づくりに向けて研究にとりくみます。2013年度に引き続き、「つながりたい」と「子どもの権利をどう保障するか」をテーマに協議をすすめます。2013-2014年度の研究成果を報告書(所報151)にまとめ発信します。
<足あと>
第1回 6月5日(木) ・ 研究の方向性についての意見交換
・ 「つながりたい」を視点にした実践報告についての協議
第2回 8月1日(金) ・ 「不登校」「特別支援を要する子」「家庭に問題を抱える子」への関わりなどの実践報告について、「子どもの権利条約」との関わりを視点に協議
第3回 9月9日(火) ・ 「不登校」「家庭に問題を抱える子」への関わりなどの実践報告について、「子どもの権利条約」との関わりを視点に協議
・ 報告書の構成についての意見交換
第4回 10月10日(金) ・ 報告書の原稿の検討
・ 支部還流学習会に向けての意見交換
10月26日(日) ・ 第64次教育研究静岡県集会「自治的活動と生徒指導(小学校)」分科会にて、これまでの研究経過を発表
1月 ・ 報告書(所報151)『子どもの権利条約の根ざした学校づくりをめざして〜人と人のつながりを考える』を発行
第5回 2月13日(金) ・ 駿府学園(初等・中等少年院)の見学
・ 2013-2014年度の研究の総括
・ 2015-2016年度の研究の方向性についての意見交換

〈共同研究者〉
畠垣智恵(静岡大学)
〈所員〉15人
堤正人 岩城雄大 舘一徹 大村慎一 渥美浩康
増田剛 植松龍也 前橋有 武井正明 松本匡史
佐藤大輔 鴻野勇希 大石英明 小野佳貴 佐藤健一

| 子どもの権利条約推進委員会トップ |