未来の教育を考える会 準備会

〈共同研究者〉山本義彦(静岡大学)、藤原文雄(静岡大学)

5/12  準備会として発足
7/21  共同研究者承認
9/28  第1回 川内十郎氏 講演「記者の目」
9/28  第2回 石井水穂氏 講演「生涯学ぶことが大切だ」
10/12  第3回 渡辺静江氏 講演「保護者から見た学校」
10/24  第4回 討論(予定)

<目的>
 教育界内外の様々な人からの意見や提言に耳を傾け、中・長期的スパンでの望ましい子どもの発達と、それを実現する上での家庭・学校・保護者の役割について議論し、実現に向けたとりくみをしていきます。現在の教育の課題をみんなで考えていき、明るい見通しのある教育を創っていこうということです。これは同時に、現場に理解のある応援団をつくり、教育の現状理解を共有することにも通じます。

<2006年度内容>
 ジャーナリスト、労働界代表、母親代表といった経歴の方をゲストに迎えて、それぞれの教育観・学校観を語っていただきました。そこには、教育職にある者とは違った視点があり、抱えた課題の大きさと同時に、大人が社会全体として進めるべき方向が見えつつあるところまできました。世代を超えて培われてきた今の時代の課題を、瞬時の対応で変更しようとすればむしろ混乱を招くのみであり、中・長期的スパンで、本来自然にもっていた、人と人とのつながりや役割意識等を、社会全体で育てていくことの重要性が浮かびます。
 今後、共同研究者を中心に07年度の本格的始動に向けての方向性を見出していきます。

| 未来の教育を考える会トップ |