教育関連書籍の貸出

静岡県教職員組合立教育研究所では、組合員の方に教育関連書籍の貸し出しを行っております。ただいま、347件の書籍を管理しておりますので、是非ご利用下さい。

貸出について

書籍の貸出について

書籍の郵送を希望する場合

  1. 研究所に電話(054-251-2777)かFax(054-255-5110)、またはMail(kenkyujo@stu.or.jp)にて連絡をしてください。そこで、書籍名、支部名、分会名、お名前、返却予定日を伝えてください。
  2. 分会に書籍を郵送させていただきます。
  3. 読み終わりましたら、所属単組・支部へ預けていただくか、梱包の上、研究所に「着払い」にて送り返してください。業者の指定はありません。

※利用が終わりましたら速やかに返却をお願いします。

静岡県教職員組合立教育研究所
〒420-0856 静岡市葵区駿府町1番12号 静岡県教育会館3階
電話(054-251-2777)
Fax(054-255-5110)
Mail(kenkyujo@stu.or.jp

キーワードを入力してください。書籍のタイトル・著者・内容から検索します。

検索結果:347件の書籍が見つかりました。231~240件を表示します。

大学の下流化

教育政策・制度

著者:竹内洋 出版社:NTT出版 発行:2011年 頁数:262P

進学率の増大・社会の平均化圧力・大学の生き残り戦略・官僚的大学改革などの視点から大学の下流化を考える。

戦後史をよみなおす

近・現代史

著者:福井紳一 出版社:講談社 発行:2011年 頁数:301P

有名予備校講師による、占領・一億総懺悔・五大改革指令・逆コース・安保条約など、学校では教えられない戦後史。

「つなみ」の子どもたち

災害・震災

著者:森健 出版社:文藝春秋 発行:2011年 頁数:286P

『つなみ』(被災地の子ども80人の作文集)の子どもたちの「その後」。10の家族の喪失と再生のドキュメント。

原発社会からの離脱

環境・開発

著者:宮台真司・飯田哲也 出版社:講談社現代文庫 発行:2011年 頁数:201P

官僚支配、電力独占から抜け出すには。明日のエネルギー政策をについての対談

未来をひらくESDの授業づくり

教育課程・カリキュラム

著者:福山市立駅家西小学校編 出版社:ミネルヴァ書房 発行:2012年 頁数:150P

ESD(持続可能な開発のための教育)のカリキュラムづくり・授業づくりを紹介する。

シティズンシップ教育で創る学校の未来

教育課程・カリキュラム

著者:日本シティズンシップ教育フォーラム 出版社:東洋館出版社 発行:2015年 頁数:196P

「市民の育成」という学校教育の役割について、現場での実践を交えた解説書

大田堯・寺脇研が戦後教育を語り合う

教育政策・制度

著者:大田堯・寺脇研 出版社:学事出版 発行:2015年 頁数:220P

この国の教育はどこへ向かうのか、戦後の教育を検証しながらつづった書籍である。わかりやすい対談形式である

シティズンシップの教育思想

教職員・学校

著者:小玉重夫 出版社:白澤社 発行:2003年 頁数:181P

混迷する教育改革論を解読し、〈市民〉への教育を構想する画期的な教育学入門

学校改革の哲学

教育課程・カリキュラム

著者:佐藤 学 出版社:東京大学出版会 発行:2012年 頁数:213P

学校を問い改革し続ける著者の渾身のアンソロジー

教育の未来をつくる 21世紀を拓く教育3

教職員・学校

著者:黒沢惟昭・鎌倉孝夫 出版社:明石書店 発行:1996年 頁数:272P

行き詰まりつつある「学校」を,情報社会化をはじめとする社会の変化や教育行政の対応等との関係でとらえ直し,「生涯教育」等の「学校を超えた教育」をも広いパースペクティヴの中で展望